トップページ

不燃木材とは

性能試験

ご使用上の注意
お問い合わせ



戻る



国土交通大臣 不燃材料認定番号 NM-1142



■防火性の向上
炎のあたった部分が赤くなり炭化するだけで、不燃木材自体からは炎が上がらず、燃え広がることはありません。
■有害な煙、ガスが出ません
炎が上がっても有害なガスや煙がほとんど出ることはなく、火災時の避難の妨げになりません。
■強度が高まります
不燃剤により曲げ強度・圧縮強度が上がります。
■防腐防蟻効果
防腐防蟻利用として広く用いられているほう酸、ほう砂を不熱処理の主成分にあたるため防腐防蟻効果が期待できます。




■シックハウスの原因となりません
有機化学物質は使用していないため、シックハウスの原因となりません。平成15年7月1日より建築基準法で規制されているホルムアルデヒド発散建築材料の対象外です。
■空気環境を改善します
木材は他の建築材料に比べれも、マイナス空気イオン効果が高く、不燃木材はさらに高いマイナス空気イオン効果を発揮します。
■炭化します
可燃物として処理できます。